多発性骨髄腫治療に対する新たな試み

メインビジュアル
メインビジュアル
メインビジュアル

NK細胞 は、生体防御の最前線で働く免疫細胞の一つです。腫瘍細胞を異物として認識し排除することから、多発性骨髄腫に対する免疫療法においても重要なプレーヤーとなる可能性が考えられます1-3)

参考文献

1)
Jurisic V, et al. Clinical stage-depending decrease of NK cell activity in multiple myeloma patients. Med Oncol. 2007;24(3):312-317.
2)
Cheng M, et al. NK cell-based immunotherapy for malignant diseases. Cell Mol Immunol. 2013;10(3):230-252.
3)
Marcus A, et al. Recognition of tumors by the innate immune system and natural killer cells. Adv Immunol. 2014;122:91-128.