NK細胞は、生体防御の最前線で働く
免疫細胞の一つです。

腫瘍細胞を異物として認識し排除することから、多発性骨髄腫に対する免疫療法においても重要なプレーヤーとな可能性が考えられます1-3)

参考文献

1) Jurisic V, et al. Clinical stage-depending decrease of NK cell activity in multiple myeloma patients. Med Oncol. 2007;24(3):312-317.

2) Cheng M, et al. NK cell-based immunotherapy for malignant diseases. Cell Mol Immunol. 2013;10(3):230-252.

3) Marcus A, et al. Recognition of tumors by the innate immune system and natural killer cells. Adv Immunol. 2014;122:91-128.

このサイトは、患者の皆様やご家族の方などを対象にブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社の医療用医薬品を正しくご理解いただくために作成したものです。