腫瘍免疫療法の包括的な評価

ハザード比/相対リスク減少

  1. 効果の強度
  2. 効果の持続時間
  3. 投与した患者のQOL(安全性)

用途・ベネフィット

欠点

※1Log-rank検定は2群の統計学的有意差を判定する手段として行われます(p値で表されます)

参考文献

9) Spruance SL, Reid JE, Grace M, Samore M. Hazard ratio in clinical trials. Antimicrob Agents Chemother. 2004;48(8):2787-2792.

10) Brody T. Biostatistics. In: Clinical Trials: Study Design, Endpoints and Biomarkers, Drug Safety, and FDA and ICH Guidelines.London:Elsevier; 2012:165-190.

11) Blagoev KB, Wilkerson J, Fojo T. Hazard ratios in cancer clinical trials—a primer. Nat Rev Clin Oncol. 2012;9(3):178-183.

このサイトは、患者の皆様やご家族の方などを対象にブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社の医療用医薬品を正しくご理解いただくために作成したものです。